スラローム

スラローム

検定基準
幅4.5m間隔でもうけられた5本のパイロンを、左右に縫って通過する。入り口にある二本のパイロンの間から進入し、出口も二本のパイロンの間から出る。アクセルワークと体重移動を使って、リズミカルに重心移動が出来ているかを検定する課題。なお、パイロンを倒すと、側検定中止となる。目標通過タイムは7秒以内。
ポイント
十分に減速してから二速で進入。前ブレーキは使わない。どうしてもスピードが出過ぎたら後ブレーキを使う。クラッチは使わず。アクセルのオンオフと体重移動でクリアする。イメージは頭を中心とした振り子で大きめに回る。
減点 採点基準
検定中止
  1. 暴走、足つき、転倒、脱輪、パイロンを倒す、エンスト、通過不能
20点
  1. 接触(小)(バンパーがパイロンに少し触れた)
10点
  1. 乗車姿勢不良(ニーグリップが甘いなど)
  2. 車体設置(不必要なバンクでステップが設置した)
5点
  1. アクセルむら(アクセルワークが不円滑である)
  2. 7秒以上の時、1秒につき5点減点
ムービーで見る(byYAMAHA)サイズ432KB/QuickTimeが必要です/開いたら再生ボタンを押して下さい
By [大自二]虎の巻