S字(曲線狭路)・クランク(屈折狭路)

S字(曲線狭路)・クランク(屈折狭路)

検定基準
S字  
  • 各試験場によって、S字型や8の字型がある。いずれも左カーブと右カーブをつないだ道幅2mの狭い道。コースの内側に設置されたパイロンに接触することなく通過すること。ギヤは2速。アクセルワークを使い、安定したフォームで通過すること。
  • クランク  
  • 基本的にはS字と同じ。安全速度・安定走行・合図・左右確認・小回り。
  • ポイント
    S字:進入速度が速すぎないように気をつける。2速で進入し、ラインはアウトよりで走る。中程で早めに左右確認を行い、出口付近ではすぐに止まれるように1速に落としておく。  
  • クランク:検定で落ちる原因1・2を争う。一速で進入する。車体を倒すよりも、半クラッチを使って車体を倒さずにハンドルを直角に切って曲がった方が簡単。背の低い人はハンドルをいっぱいに切ると手が届かないので、タンクの上に乗るくらい前の方に座っておくと良い。肘が突っ張っているとハンドルを曲げられないので乗車姿勢にも気をつける。
  • 減点 採点基準
    検定中止
    1. 転倒、エンスト、暴走、通過不能。バランスを崩し足をついた。脱輪(縁石に車輪が乗った。パイロンを倒した。)
    20点
    1. 接触(小)車体や人体の一部がパイロンに軽く接触した。
    10点
    1. ふらつき(バランスを崩し、ふらついた)
    2. 速度不適当
    3. 出入り口不適切(右左折大回り、出口確認不十分、入り口での右振り)
    5点
    1. アクセルむら(走行中ぎくしゃくしたり、ノッキングした)
    2. 狭路変更違反(狭路入り口へ進入するときの進路変更が不適切な場合)
    3. 合図不履行(出入り口で、合図を出さなかった)
    By [大自二]虎の巻