130.冬の乗り切り方  
<name>papachi 
<性別>男 
<年齢>31 
<ジャンル>その他 
<ジャンルその他>防寒対策 
<message> 
防寒対策って重要ですよね。 
 二輪で通勤するときは,朝六時半に出発して1時間20分も走らなければならないので,私にとっても大問題です。特に勤務先の更衣ロッカーが小さいため,分厚いジャケットやオーバーパンツの利用が難しい。そこで考え出したのが以下の方法です。 

1.一番外側は,大きめの二輪用のレインスーツの上下(ゴアテックスで極力縫い目のない物)(上下で¥30,000位だったかな?) 
 ○ 登山・釣り用ウェアの流用も悪くはありませんが,スボンに前ファスナーのある物はダメ。冷気の侵入は無いけれど,雨が降ると上着を伝った水滴が侵入してきます。 
 ○ エリの高すぎる物もダメ。ヘルメットの下縁に当たって首が回らない。その分,二輪用品屋さんで売っているネックウォーマー(?)かバンダナを首に巻きます。 
2.次に街を歩いてもヘンじゃないジャンバー 
 ○ 二輪を降りて街を歩くのにレインスーツはちょっとね・・・。 
3.フリース又は化繊のVネックセーター。 
4.Yシャツ&ネクタイの下はTシャツ。 
5.下半身はジーンズの下にスキー用のタイツ。 
6.足は,普通の靴下の上に登山用の毛糸の靴下を履き,それで履けるサイズの防水性の高いトレッキングシューズ。 
7.グローブは,ゴアテックスの防寒・防水の物(¥7,000位) 

 この服装のコツは,レインスーツの上着をヘルメットとグローブを身に着けた後に着ることです。そうすることで手首の辺りに感じる冷気が防げます。また,レインスーツはたたむとコンパクトになるので,出先でも荷物になりません。 
 結局,風を通さない服の下に有り合わせでもいいから寒くないよう(動きにくくない程度)に重ね着すればいいということですね。(だったら長々と書くな!?) 
 もう一つ,あまりお勧めできませんが,寒い部分を一カ所だけワザと作り,その場所を一定時間で変えていきます。例えば,首→手首→顔という風にすると身体全体が寒いはずなのにそこだけに神経が集中して全体の寒さを忘れられます。 

 ヘルメットは,断然,シールドの曇りどめ効果のあるベンチレーションがついたフルフェイスをお勧めします。コンビニの出入りなどに便利なように夏場はJ−MAXを愛用していますが,寒くなると自分の呼気でシールドが曇って仕方がないので,冬場はRX7−RR(だったかな?)一本槍で過ごします。 

 こんなところで如何でしょうか?私自身も他に良いアイディアがあったらお聞きしたいので,よろしくお願いします。   

tora1時間以上だとごまかしききませんね。情報有り難うございます。

[1998/12/01]
 
         
 
nikukyuめやす達mikukyu