248.○○○ライダースクール[詳細レポ]  
★★★ 5/21(金) 1段階5回目 ★★★

いつも通りの朝一番の時限で教習。今回もキャンセル待ちをしました。う〜む、キャンセル待ちで乗れてるなぁ。これじゃあ予約しなくてもいいじゃんと思いながら教習簿を受取る。さて今回は1段階の見極めである。今回は他の1名に私を含め計2名と、教官が1名の体制で行なった。他の教習生は?と見るとな、な、何と!昨日の若造君ではないか!こうも一緒だとやり易かったり、やり辛かったり・・・。「あれ、昨日も一緒じゃありませんでした?」と若造君から声をかけられる。「そうですね。」と私。取り留めの無い会話も終わりいざ教習へ。

教習内容は、事前にコースの説明とただひたすらコース走行の繰り返し。そう言えばコース説明の前に、普段であれば「バイクをこっちまで乗って来て」と言われる所を、今回は「バイクをこっちまで【押して来て】」となった。そう、取り回しも見極めに入っているのだ。面倒くさいとも思いながら押して来る。でもいいや自分のバイクの方が全然重いので。因みに私のバイクは乾燥重量でも230kgを超えます。おもてーおもてー。

さて1段階の見極めコースは、発進後踏み切り−2Fに上って外周を一周−外周を更に半周程した所で右車線変更の右折−S字−障害物回避−クランク−目標位置停止−坂道発進−一本橋−スラロームの順である。(と言ったって分からないわな。)特に良くも無く、悪くも無くで無事終了。見極めOKとなりました。

1段階の見極めに近づくにつれ、教官から良く言われる事は「大型だから飛ばせ」である。この教習所では、普通二輪は勿論普通二輪限定(昔の小型ですかな)も一緒に行なっている。S字やクランク等の低速走行域やカーブ等では皆遅く走るが、見通しの良い直線では大型らしさを誇示しなければならないと言う事で、40km/hまでは一気に吹き上げ威圧感を与えなければダメだという。

見極めコースの中で、障害物を回避した後、直ぐに小回りコーナーがあるのでコーナーの手前まで普通に走っていたら、「アクセルをもう一ひねりして欲しい、その後カーブ手前でブレーキ。」と注意された。要はメリハリのある運転を心掛けなさいと言う事なのだ。飛ばせるところは目一杯飛ばして、確認する所は減速すると言った感じ。それからS字やクランクの進入の際に左縁せきからの距離が長い、もっと左に寄せて、と指摘された。パイロンに接触するのを恐れて、無意識のうちに離れていっているのかもしれない・・・。

まぁ注意すべき点は多々ありますが、取合えず1段階見極めと言う事で、次回からは2段階です。2段階になると走行コースが変るので、Aコースを良く覚えておくようにと助言され、今回は終了。


もくじ
01.5/14(金) 入所手続きその1
02.5/15(土) 入所手続きその2
03.5/17(月) 1段階1回目
04.5/18(火) 1段階2回目
05.5/19(水) 1段階3回目
06.5/20(木) 1段階4回目
07.5/21(金) 1段階5回目
08.5/22(土) 2段階1回目
09.5/22(土) 2段階2回目

10.5/25(火) 2段階3回目
11.5/25(火) 2段階4回目
12.5/27(木) 2段階5回目
13.5/28(金) 2段階6回目
14.5/31(月) 2段階7回目
15.6/01(火) 卒検1回目
16.教習顛末
17.personal data


[1999/06/01]
         
 
nikukyuめやす達mikukyu