406.検定でコース間違え  
ペンネーム = ばぶるす
性別 = 男
年齢 = 29
出身 = 長野県
住まい = 長野県
ジャンル = 教習レポート
ジャンルその他 =
message =

385番に掲載されましたばぶるすです。
その後、無事免許も取れ、今はX11を買って乗っています。

卒業検定の時の話です。
当日大型二輪の受験者は3名、私はその一番最初と言う順番でした。
検定コースもなんとか覚えその日は望んだのですが、なんと途中、一本橋の手前で停止を言われてしまいました。

スピーカーからの声を聞いてみるとなんとコースを間違えているというのです。
自分ではコースは合っていると思っているのですが、言われたのでしょうがありません。
途中からコースを戻って繰り返しました。これでは合格できないと思いましたが、だめ元でなんとか最後までは走りました。

その後の発表では、なんと合格ではないですか。(大型の人は全員合格、普通二輪では一人が不合格でした。)
検定員の話では点数的にはギリギリであったということです。ただ、その次の人の検定のコースを見ても自分と同じでしたし、あの時は検定員の方がコースを間違えたのではと思っております。

P.S
 いま、父親などと一緒に、バイク店の店主などが主催する練習会などに参加していて、地元長野県の教習所などでグルグル回っております。
 (ちなみに他の参加者は父親の友人ばかりで、50歳台ばかり10人ほど。)
 この教習所では普通二輪までしかないのですが、さすがに教官はうまいですね。(女の方です)
toraばぶるすさん。こんxxは。合格おめでとうございます。
コースは間違えても失格にはならないし大丈夫なんですよ。試験場しかなかった頃から。法規通りに正しいコースへ戻れれば問題なしです。でも、走る距離が長くなる分、間違える(減点される)リスクが高くなると言うことです。

今となっては本当に間違っていたのかは定かではないですが、合格できればすべてヨシと。

こうして報告していただいたおかげで、もしこれから受験する人で「コースが違う」って言われたときに役立つことでしょう。

練習会に参加していらっしゃるとか、卒業後もますます腕を磨いてるんですね。すごいなあ。
[2000/05/11]
nikukyu めやす達mikukyu