996.検定は開き直るくらいで
ペンネーム = choi
性別 = 男
年齢 = 29
出身 = 東京都
住まい = 新潟県
前回掲載番号 =
message =

初めて投稿します。
大型二輪の免許を取得したのは、ちょうど九月の初旬でしたね。
普通二輪を取得したのが七月の中盤、それからちょうど一ヶ月半、ほぼ毎日通って、卒検は二回も落ちましたが、何とか苦労の末に念願がかないました。

ちなみに付け加えておきますと、普通車免許を取得したのが今年の六月の末頃、それからほぼ毎日通ってなんと一ヶ月近くもかけ、補習もいっぱいついて、ようやく普通二輪取得ですから、我ながら自分の運動神経の低さに泣かされました。(ちなみに普通二輪の時も卒検は一回落ちました。)

それでも憧れが捨てきれず、大型二輪を取りたいといった時、相談に乗ってくれた教官からは無理だよみたいに言われてしまいましたが、逆に絶対取るぞ!と意気込んでいました。
が、その意気込みは教習でことごとく破壊されてしまい、自信喪失の上に時々「うつ」みたいになってしまったこともありました。


でも、落ち込んでばかりもいられないし、普通二輪の時も、何だかんだいって結局取れたし、今回だってとりあえず通ってれば取れると逆に良いほうに捉えることにしました。

その気持ちを忘れず通いつづけると、なぜか失敗しても気が楽で、その失敗でかえってうまくなっていくように思いました。
まあ、そういう気持ちの持ちようでしょうか、卒検に落ちても気にしないことにし、結局そういう心境でやってると、何も感じないうちにある日受かっていました。
で結局、免許をとれた今だからわかったんですが、やっぱり、特に大型を取る時は、精神的なものが重要だなっていうことです。


私は精神が専門ではないのでよくわからないのですが、緊張したり意識しすぎたりすると、それだけで手元がぶれて、いらぬ失敗をすることもあるわけですよ。
卒検で失敗したりするのは、たぶん緊張とか意識し過ぎだとかそういう一見何の関係もないところが失敗の元であったりすることが多いと思うんです。
だって、卒検までいったのだから、技術に問題はないはずですよね。
普段の教習の時の技術的な内容だって、教官の言われた通り意識しすぎるとかえって失敗しますし、それで補習がついちゃうわけですよね。
だったら、逆にできるかな?ぐらいで思いっきりやってしまえばいいと思うんです。
ほんとにやけっぱちって感じで。
それが結局は重要だなって今回は思いました。

最後になりますが、わたしは免許取っただけでバイクに乗る予定はないのですが、今後もし大型を取られる方がいらっしゃったら、とにかくまずは普通二輪から取ることをお勧めします。
やっぱりまずはバイクに慣れることからですね。
そして、取ったらあまり時間を置かず、大型に挑戦した方がいいです。
そして、教習は常にリラックス、何があっても楽天的に教習を進められるといいですね。
特に卒検までいったら絶対リラックスです。
とにかく、精神的なものに注意ですね。
でも、取れて本当に良かったです。

tora choiさん、お手紙有り難うございます。免許取得おめでとうございます。
そうですね。
「検定まで進んでいるんだからあとはいつもどおりにやるだけだ」
って気持ちで挑むことは大切ですね。初めに失敗したのが功を奏して合格したなんて 話も聞きますしね。

しばらくはバイクに乗る予定はないようですが
いつか乗る時にはペーパーライダー用の講習をうけるなどして 公道では充分安全に気を付けて楽しく乗って下さいね。

免許取得おめでとうございました&choiさんの発言を励みに頑張れる人がいることでしょう。
投稿ありがとうございました。
全ての投稿を見る-投稿する-その他のコミュニティ
[2004/10/27]

[大自二]虎の巻 Copyright (C) Since1997- OHJINI-TORANOMAKI(toranomaki.com).All rights reserved.