1012.長い4ヶ月でした
ペンネーム = トライアスロンおやじ
性別 = 男
年齢 = 55
出身 = 大阪府
住まい = 大阪府
前回掲載番号 =
message =

本年3月末に普通二輪の教習を始め、このたび大型二輪に合格しました。長い4ヶ月でした。

 このサイトには大変お世話になりました。皆様の苦闘ぶりや、技術的なことなど参考にさせてもらいました。お世話されている山本様は、大変なご苦労ですが、全国のバイク好きのため頑張ってください。ご恩返しに少しでもお役に立てればと思いメールしました。

 私は通勤に毎日100kmほど車で走りますので、時々バイクで通勤し車を休めてやろうかなという動機で二輪免許に挑戦しました。教習所へ行き、こんな年でも出来ますかと聞いたところ、問題ないですよと言われ乗ってしまいました。向こうも商売ですから無理ですとは言いませんよね。

 私はスポーツが色々大好きで、まだまだ若いつもりのおやじですが、今回の免許挑戦では年を感じてしまいました。頭で分かっているのに体がついてきません。バイクはアクセルワーク、クラッチワーク、ブレーキをかけるなどを同時にしなければいけないことが多いですが、同時にいくつものことをするのが苦手になっているのを思い知りました。

 えらいことを始めてしまったと後悔もしましたが、引くに引けず、教習所の練習だけでは無理だと思いました。それで自分の50ccのスクーターに自作のタンクを取り付け、ニーグリップが出来る様にし、ほぼ毎日夜明けから出勤前まで、人気のない近所の工事現場で練習しました。

 自分なりに練習方法を考え結構これが役に立ったと思います。スラロームは膝でタンクを押して車体を倒し込んだり、アクセルをふかすタイミングの練習になりました。クランクは道路を連続して直角に曲がり続け、そのとき視線を次に曲がる方向に早く向けることを心がけました。8の字では、後ろを向くくらい視線を先先に向けることや、リーンアウトして小回りする練習になりました。

 波状路だけは普段からトライアスロンで自転車に乗っており、路面の凹凸の吸収にはひとりでに慣れていたためか、教習で1度も失敗はありませんでした。波状路の苦手な方は自転車で段差を吸収する練習が効果的かもしれませんよ。

 練習し過ぎか、右手に力が入らず箸が持てなくなったり、五十肩でずっと痛みに耐えていました。これだけやっても見きわめを落ち、補習もし、規定時間より10時間ほどオーバーしました。検定は普通2回、大型2回でやっと通りました。検定や見きわめに落ちたときは、ずっと落ち続けるのではと何度も落ち込みました。年は取っても、若いときと同じように落ち込んだり、緊張したり、眠れなかったりするものだなと妙に感心したりしました。

 たぶん私は二輪免許挑戦者の最高齢の部類に入ると思います。30代の方でも、もう 年ですがなどと言っておられますが、まだまだ若いので心配いりませんよ。こんな年 のおやじでも頑張りましたので、どうかあきらめず頑張ってください。必ず良い結果 が待っていますから。

tora トライアスロンおやじさん、こんにちは〜。
合格おめでとうございますっ。

トライアスロン。すごい。本格的にスポーツだわ。
そんなスポーツマンでも苦労するなんて〜。ってきっと目指すところがさらに高い気がします。 練習もすごいわぁ。

「箸ももてないほどのお嬢様」ってのは聞いたことありますが、、、鬼のような練習ぶりですねっ。 とかいって私もクラッチを多用する教習の後はゆ、指が筋肉痛に…。 指の筋肉が「俺はここにいる〜」って叫んでいるようでした。 い、居たのね指にも筋肉。(当たり前だけど)

「検定などで落ち込んだり、眠れなかったり」
あるある! かえって学生時代より免疫が薄れていてより緊張したりして。 大人になってあんまり怒られたりしないしね(*^^*)

あーでも自分だけじゃないんだぁってことです トライアスロンおやじさんのアドバイスを参考に、みんなでがんばろう〜!おー
全ての投稿を見る-投稿する-その他のコミュニティ
[2005/7/14]

[大自二]虎の巻 Copyright (C) Since1997- OHJINI-TORANOMAKI(toranomaki.com).All rights reserved.