1024.AT中型合格!
ペンネーム = 神戸弁のおじさん
性別 = 男
年齢 = 47
出身 = 兵庫県
住まい = 神奈川県
前回掲載番号 = 1019
message =

おかげさまで今日7月23日、卒検に合格しました。
いままで このサイトでどれだけの勇気とヒントを与えて頂いたことか。
怪女さんや先輩方に感謝で一杯です。

とは言え、決して順調だった訳ではありません。
一本橋は苦手、クランクは鬼門、 スラロームはギクシャク・・・ 有意義な(皮肉でなく)補習も2時間させてもらいました。
コケて筋肉痛にもなりました。
でも教習所で憧れのBSに乗るのは たとえスランプでも楽しいので、教習のある日は朝から子供のようにワクワクしておりました。
今朝は 8:50から卒検でしたが、イメージトレーニングを繰り返ししたことと、テストとは言え憧れのスクーターに乗れることが楽しみで、5時には勝手に目が覚めて 教習所に1時間も前に入ってしまいました。
(遊園地に連れて行ってもらう子供の様に)

すると早朝から指導員の方々が バイクの給油、暖機、車庫から出したり 甲斐甲斐しく働いておられます。
ハッと気づきました。
自分は一人で頑張ってきたように思っていたけれども、実はお客さんなのだと。
自分たちを合格させるために、朝早くから毎日毎日準備しておられる訳です。
少し変かもわかりませんが、こんな有難い教習所だから、たとえ今日 卒検に落ちてもこの教習所にまだ通える楽しみがあるではないかと。
すると急に気が楽になりました。 
結果なんかどうでもいい、楽しんで乗るんだと。

コース脇から、コース取りのイメージをつかむために必死でコースを見ていると、気づいた教官が
「(教習所が始まる前だから)実際にコースを歩いてもいいよ」と声をかけて下さいました。
不安なクランクを初めて歩いてみて感じたのは、自分のイメージより3倍ほど幅広いことでした。
すると途端に(いままで苦手だと思っていたのが)とてもおかしくなって、思わず笑ってしまいました(なーんだ、大したことないじゃないか)。
すっかり気が楽になり、緊張は吹き飛んでしまいました。
自分の順番は最後でしたが、待っているあいだ まだかまだか とワクワクニコニコしてました。
決して自信があったのではなく、受かろうが落ちようが この教習所で好きなスクーターに乗れるのが楽しいからです。
落ちたら またここに来ることが出来て楽しみだとさえ思ったほどです。

コースを頭でイメージすると一巡8分かかっていましたが、実際に番がきて走ってみたら「えっ もう終わり? 何か(課題を)抜かしたかな」と思うほど あっという間でした。
検定員から「安定してましたね。 誰もがこうだといいのですが。」
最高の気分でした。
この気持ちを決して忘れず安全運転で走ります。
「スクーターはマナーが悪い」とも思わせません。

最後まで辛抱強く読んで頂き、有難うございました。

これから卒検のかた、コースを歩いてみるのは効きますよ!
(私のようにネアカで単純な人だけかもわかりませんが)
卒業式のあと、いつものコース脇ベンチで一服していたら ありました。
スタート地点のエクボが!
藤沢高等自動車学校にも。

tora 神戸弁のおじさん、ご卒業おめでとうございますっ!
とーっても楽しく通われていたようで、うん、何よりです。

「誰もがこうだといいのですが」
なんて最高のほめ言葉じゃないですか!!
「文句なく合格」だったんですね!

これからはスクーターの見本になるように公道でも見ていて安心な運転で楽しいバイクライフを!

神戸弁のおじさんの文章って、指導員さんの準備に目を向けたり、エクボに気づいたり、なんだかお人柄が窺えるようでなごみます。 それに死語?発言を楽しみにしてたりして^^;
免許取得後もたまには顔出して下さいね
全ての投稿を見る-投稿する-その他のコミュニティ
[2005/7/23]

[大自二]虎の巻 Copyright (C) Since1997- OHJINI-TORANOMAKI(toranomaki.com).All rights reserved.