1069.挫折とはこういうことを言うのでしょうか
ペンネーム = mon-346
性別 = 男
年齢 = 38
出身 = 愛媛県
住まい = ナイショ
前回掲載番号 =
message =

はじめまして。楽しく拝見しております。
わたくし、38歳(立派な中年?)にして何を思ったのかバイクの免許(普通二輪)が欲しくなり教習所通いを始めました。

しか〜し問題が発生!曲がれません・・・・
コースの外周すらまともに走れないのです。もう5時間も乗っているのに。
原因は何?目線?ニーグリップ?それとも運動神経?
われながら情けなくなってしまいました。挫折とはこういうことを言うのでしょうか。

免許は欲しいけど教習所行くのが怖いんですよね・・・・
みなさんどうやって曲がっておられるのでしょう?
まぁ、こんな所でつまづく人はいないでしょうけど。

tora mon-346さん、こんにちは〜。
お手紙ありがとうございますっ

あらら、いきなりスランプ?!
イメージトレーニングがお勧めかと、乗車するところから外周を回るところもギアを変えたり操作をすべてイメージしてみます。 無意識に操作ができるようになったら、また気づくことが1つずつでてくるかも知れません。
思い切って指導員さんに相談してみて、二人乗りで後ろに乗せてもらったりすると 、また言葉ではわからないことも体感できたりします。 教える側もいろいろ引き出しをもっているでしょうから、 アドバイスも何度ももらってやってみて、また聞いてと繰り返し練習しましょう。 アドバイスも一度に全部はやろうとしないで1つずつクリアしてきましょう。

教習での操作は公道では最小限のスキルです。走り出すといろいろなことを瞬時に予測判断しながらになります。 ここは時間がかかってもみっちりと教わったものがちです。あせらず!

免許を取れた日の自分を想像して、楽しく通えるといいですね。 応援してます。
全ての投稿を見る-投稿する-その他のコミュニティ
[2005/10/08]

[大自二]虎の巻 Copyright (C) Since1997- OHJINI-TORANOMAKI(toranomaki.com).All rights reserved.